最低限理解しておきたい選び方

先生と生徒

シングルマザーや共働きの夫婦の間では、なかなか子供を見る暇がありません。小学生以降になると、両親とも夕方5:00まで仕事をしている家庭が多いか、あるいはシングルマザーでも夕方まで仕事をしていることが多いですので、子供をどこかに預けなければできません。この場合にアフタースクールは有効ですが、どこでもよいわけではありません。より子供に合ったところを選ぶ必要があります。アフタースクールの種類にもさまざまなものがありますが、基本的に勉強中心のところとそうでないところがあります。勉強中心のところは、単に宿題を教えるだけでなく、学習塾を兼ねているところもあるでしょう。このようなところは、わざわざ学習塾に通わせなくてもアフタースクールだけで事足りてしまいます。ただ、通常のアフタースクールに比べると月謝が高い可能性があるでしょう。

利用する目的は何か

ABC

アフタースクールの利用する目的は、子供を預けておくことに限られるといってもよいでしょう。子供も、昔ならば一人で留守番させるなどの方法もありましたが、最近は一人で留守番させることに対して不安を感じている保護者も多いです。自宅にいるとしても、様々な危険がともないますので、それならばお金を払ってでもほかの人に預けておいた方がよいと考えるわけです。お金はかかるものの、そこで人間関係や勉強などを学ぶことができれば大きなメリットがあるといえます。ただし、いずれにしても親としてはアフタースクールに任せきりはよくありません。アフタースクールとしても、家庭教育の方が大事と考えていますので、家庭教育以上のものをそこで学ばせることは難しいです。そのため、第一は家庭教育と考えて、その補助的な役割としてアフタースクールに通わせるのがよいです。

学力を高め経験を増やす

English

アフタースクールに通わせる目的をさらに深堀していくと、学力を高めることや人間関係をより得ることに役立ちます。例えば勉強に関しては、本格的に英語の勉強を教えてくれるようなところもあります。学校の宿題に限らず、まるで学校と同じような役割をしているところもあるぐらいです。ただ、子供の勉強の習慣は家庭でつけるものですので、その点はよく理解しておきましょう。様々な学校の生徒がきていますので、同じ学校の生徒以外とも交流することができます。一つの学校というコミュニティの外側を見ることができるため、子供にとっては大きな学びの一つになるといってよいでしょう。アフタースクールによっては、校外学習などを定期的に行っているところもあります。例えば週末になると、キャンプファイヤーを行ったり、野外観察などで遠出するようなところもあります。そのようなところもお金はかかるものの、より多くのことを子供に学ばせることを目的としている場合には、ありがたいと言えるでしょう。